ひたむきに積み重ねたものは
「信頼」と「技術」
確かな品質と未来をみつめて。

わたしたち仙台土木建築工業は創業以来長年にわたり培った豊富な技術とアイディアでこれからも地域の発展に貢献してまいります。

信頼と技術力

 わたしたちは、変化する時代の多能なニーズに、常に確かな技術力で応えて参りました。いずれも、社会資本として市民生活に欠かすことのできない重要拠点施設などであり、当時の最先端の建築技術と新しい取組みが不可欠な事業でありました。

「学都仙台」を支える数々の学校建設事業を担わせていただきました。
(東北大学片平材料物性総合研究棟)
生活の基盤となる集合住宅等、数々の住宅整備事業を担ってまいりました。
(仙台市鶴ヶ谷第一市営住宅再整備事業)
救急救命対応の拠点となるセンター施設を始め、消防署所の建築等、地域の安全安心のための施設整備に当時最先端となる免震構造技術を活かしました。
(仙台市急患センター新築工事)
大災害に備え防災関連施設や学校等の耐震改修工事に当りました。
(国交省東北地方整備局防災情報収集施設工事)
高齢者福祉施設を始め、様々な福祉関連施設の施工に当りました。
(特別養護老人ホーム・デイサービスセンター(仮称)原町ケアセンター新築工事)
新しい時代の子育て環境に不可欠な幼児保育所、児童館等、児童福祉施設の建設に励んで参りました。
(仙台市黒松児童館災害復旧改築工事)

地域の発展と共に

地元に根ざした企業として、地域のみなさまと共に様々な社会貢献事業、地域ボランティア活動に参画をしております。

子どもを見守り続けます。(子ども110番パトロール事業) 工事現場ゲートデコレーションの試み。建設現場周辺の皆様とのふれあいを大切に地域に愛される施設建設に努めております。(地元マスコミ各社においてこの取組みが取り上げられました)

震災復興へ全力

東北地方を中心に甚大な被害を与えた、あの東日本大震災からの本格的な復興に、あらゆる技術的資源を活かし、これからも全社一丸となり総力を尽くします。

仙台市内において第1番目となる震災復興住宅(北六番丁復興公営住宅) 東日本大震災後の災害復旧作業に当たりました。

品質向上と安全対策

お客様の豊かな暮らしと高次な都市機能を支える建物づくりに誇りがあります。たゆまぬ品質向上への追求と安全衛生に取り組んでおります。

各工事現場における定例の安全衛生協議会 徹底した安全管理を遂行(安全パトロール)